古代のオイル


古代12のオイルを使ったマッサージ

聖書にはエッセンシャルオイルの引用が188もでてきます。
キリストが実在していた数千年前の古代にはどんなオイルが使われていたのでしょうか?

よく知られている話に、

キリスト誕生の時に3人の賢者が貢物をしました。
その中の2つが、香油(エッセンシャルオイル)のフランキンセンスとミルラでした。

というのがあります。

その他には、サンダルウッド、シダーウッド、サイプレス、スパイクナード、ガルバナム、マートル、オーニカ、ヒソップ、カッシア、シスタスがでてきます。

ヤングリビング社ではこれらの12のオイルのコレクションがあります。

私は時々、ヒーリングをされている方やスピリチュアルなワークをされている方から、

この12のオイルを使った施術を頼まれることがあり、させていただいています。

ヤングリビング創立者であり自然療法士のドクター・ゲイリーヤング氏は、
このオイルの使い方や効能をまとめていますが、
レインドロップとして使うことは教えていません。

でも私が施術をしてみたとき、古代12のオイルを一度に使うということはすごく贅沢なことであり、
「波動」がヒートアップするように急上昇する感じがしました。

古代12のオイルは、決して”うっとりするような素敵な香り”と言えるオイルたちではありませんが、
個性的で強烈な印象を与えます。

もしも、ご興味があればリクエストください。メニューには入れていませんが、施術させていただきます。
受けてみて、ご自分… 続きを読む


2月のYLオイルシェア会

先週はYLのローカルメンバーさんたちとシェア会をしました。

今お気に入りのオイルを持参して、それをみんなに回して1滴づつ手にとって香りを楽しんでもらったり
どんな使い方をしてるのかを情報交換する和気藹々とした楽しい会です。

カフェでお茶を飲みながらの人もいれば、ランチを食べながらの人もいて本当に好きに楽にやってください〜というゆるい会です。なので勉強会とは言えないかな・・・笑

この日、私は大盤振る舞いで(笑)古代の12のオイルを持参しました。

YLが作成している詳しいのPDFファイルもあったので、ノートパソコンを見ながら皆さんとシェアしました。
古代のオイルは、一般的に人気の香りではないと思います。私にとっては最初は結構強烈な香りでした(笑)
でも使っていると好きになったり、知れば知るほどその良さがわかってとても深いオイルたちです。

どうやって使うの?という質問をいただきました。

とても贅沢な使い方なのですがレインドロップテクニックのように背中に落としてマッサージしたり(日本ではゴールデンドロップと呼ばれているそうですね。)
耳の反射区につけてツボ押ししたり、ディフューザーに使ったり、お祈りや瞑想の時に使ったりします。
手首や耳たぶの後ろにつけてもいいですね。

古代では、とても高価なものだったので、儀式の際に司祭や王さまなどに注がれていました。
イエス・キリストにも使われ、… 続きを読む