ダレル・ハラダさんのブレッシング


先週もまた大好きなヘイアウに行く機会に恵まれました。

今回は、ダレル・ハラダさんの通訳をさせていただきました。

日系人のダレル・ハラダさんは、サイキックリーダーでもあり、ハワイアンのカフナでもあります。

サイキック・リーディングとブレッシングをパワースポットで受けられる、という理想のシチュエーション! これ、私はとってもおすすめです!

ヘイアウの中でも、このサークル部分が、エネルギーの中心になるそうです。

人間の体に丹田という場所がありますが(おへその3センチ下)

ハワイ語ではナアウと呼ばれる場所で

このサークル部分は、ヘイアウのナアウだそうです。

願い事を心の中で唱えながらこのサークルの周りを回ります。

そのあとは、ティリーフで聖水を振りかけてお清め。

最後にティリーフを一人1枚くるくると丸めて、渡されます。

それを肌身離さず3日間持ち歩きます。

3日以降にそのティリーフを海に捨ててください、と言われます。

もしも、そのティリーフが黒ずんだら、まだ浄化できていない部分があるということだそうです。

そうしたら、ダレルがさらに祈ってくださるそうです。

黒くならないか、ちょっとドキドキですね。

 

日本からいらしたお客様に、とっても喜んでいただけました。

ダレルはとっても優しいのでその人柄が人気です。

彼のお話は、お坊さんのお説教のようにありがたく、でもちっとも難しくない。

とってもカジュアルで人間味があって、大好きです。

次はもっと大きなグループでご依頼をいただきました。

でも、このヘイアウに入れるかな・・・

それが天の導きならばきっと入れるはず。

余談:この大事なお仕事が入っていた前日に私の息子が急に寝る前に熱があることが発覚。

キャンセルしたくない!と思って息子の足裏にエッセンシャルオイル(ペパーミントとシーブス)を塗って、祈りました。

そしたら無事、息子の熱は朝には下がっていました。

やっぱり、この方達がブレッシングを受けることは宇宙の計らいだったと思います。

読んでくださあってありがとうございます。

まさこ