傷心乙女にマッサージ

ある日の午後、「今からすぐにマッサージを受けたいけどアポは取れますか?」と電話があった。しばらくしてから長身の若い女性がやってきた。明るいカジュアルなウエアに不釣合いの真っ黒い大きなサングラスをかけていた。私は懐疑心を� し、大きなスマイルで”How can I help you?”とたずねると、お客様は待っていましたとばかりに大きな溜息をついた。「今日は最悪の日なの。誰かのヒーリングタッチが必要なのよ。」とサングラスを外した目は泣き腫らしていた。私はそれ以上なにも聞かずに、静かに部屋に案内した。どんな施術が彼女に必要か、彼女の足を暖めながら考える。体から、ストレスをたくさん出してもらおう。そして� �の中を軽くしてあげよう。Cutout Flower軽いロッキングとホットストーンを織り交ぜ、何度か大きいストロークに合わせて深呼吸を促した。施術中、彼女は何度も大きな溜息をついていた。まるで嫌なことを吐き捨てるかのように。最後にエネルギーのバランスを整えるリチュアルでマッサージを完了した。彼女は私に身を任せてくれ、私も彼女に協力してもらい、マッサージはとても成功したという実感があった。マッサージは受け手とセラピストとのチー� ワーク� と思う。シャワーを浴びてさっぱりした彼女は「私は新しい女に生まれ変わったわ!」と軽い足取りで帰って行った。私もとてもすがすがしい気分になった。

One thought on “傷心乙女にマッサージ”

Comments are closed.