七夕のお茶とランチの会


「七夕のお茶とランチの会」へ参加してきました。

ハワイにいることを忘れてしまうほど、日本人の心がいっぱいつまった宝箱のような
先生のランチ会です。

今回の松花堂弁当はこちら。

先生の手作り松花堂弁当

先生の手作り松花堂弁当

ひとつひとつのお料理に感心しながら、また目でも楽しみながら、いただきました。

食後のお菓子も手作り。出されたとたん、みんなから「わ〜、きれい!」と歓声が。
”くず”で涼しげにくるんであります。天の川をはさんで織り姫と彦星。

天の川をはさんで織り姫とひこ星

天の川をはさんで織り姫とひこ星

七夕のお話、7月の京都のお話、お菓子の作りかたなどなど教えていただきながら1時間があっというまに過ぎました。
参加者のみんなからはすごい、すごいの連発です。

食後はお茶室へ移動。先生の今日のお着物はとても涼しげで素敵でした。

涼しげなお着物姿でした。

涼しげなお着物姿でした。

先生のお茶はちっともきどっていません。でも、とても美しい。お茶のお手前の基本は、思いやり、だということを教えていただきました。

そして日本人の感覚はとても繊細であること、そして日本人がどんなところに美を見いだすか、というお話を聞いていて、つくづく日本人に生まれてよかったなと思いました。

こちらのお菓子は琥珀棟。先生が1週間もかけて手作りされたそうです。宝石のようにきれいでした。

こちらもなんと手作り! 琥珀棟です。

こちらもなんと手作り!
琥珀棟です。

心のこもった手作りのものをいただくって本当に幸せです。
ありがとうございました。