Bodies 展覧会 6


Bodies・・・「人体解剖」の展覧会を見てきました。
そう、中国人の人体で標本がつくられ世界各国を周り展示されているアレです。

日本でもずいぶん前にやっていたようですね。シカゴに住んでいたことのあるアメリカ人の友達いわく、シカゴでは大人気で毎日チケットが売り切れ状態だったとか。

ホノルルでは入場料が$26と高いせいもあるのか、それほど「よかったよ~!!」という評判は聞いていません。それどころか「気持ち悪い」という人の方が多い。作り物ではなく実物なので、かなりショッキングでグロテスクだというウワサは聞いていました。人体には中国人の死刑囚を使っているというとこもなんだか「怖い」要因のような気がします。

私も「見てみたいけど怖い~」と思いつつ、「入場料が半額」という日があったので友達と一緒に並んで見に行きました。最初は「キエ~ッ!」と思ったけども、ろう人形と思えばそんなに怖くないし、しばらくしたら慣れました。
日ごろマッサージしている筋肉がどんなになっているか立体的に見れるのは勉強になったし、「肺ってこんなに上の方にあったのか~」とか、「心臓って意外と小さいんだ~」とか、たくさん感心しました。(マッサージ学校で勉強したんですけどね・・・)

息子がベビーカーに乗ったまま寝ていたのですが、途中で起きました。目覚めていきなりむき出しの人体標本が目の前にあると、泣くかな?!と思ったのですが、「ワーオ」と指差して興味深々で見ていました。うーん、怖くないのか。
青色と赤色の静脈動脈が透明な容器の中に入ってライトアップされているものはとても綺麗でした。
赤ちゃんが子宮の中で育っていく様子もそれほどグロくない。私の息子はそれを見て「ベイビーもっと(見たい」」と言っておりました。

なんだか、イベント的でよかったと思います。自分の身体の一つ一つの器官に「毎日働いてくれてありがとう」という感謝の気持ちが起こりました。
10月末までホノルルのアラモアナセンター(ノードストローム駐車場側)でやっています。


6 thoughts on “Bodies 展覧会

  • Yuyu

    とっても勉強になったよね。骨、筋肉、神経、、臓器すべてが複雑にからみあって
    いる神秘的な様子はなかなか見れないよ。人間の神秘にアッパレです!
    ママの子宮で育っていくBABYの様子が感動したわ~♪
    メイソンも自分が経験した近い感覚を思い出したのかも・・ねっ。

  • Masako

    Yuyu、一緒に行ってくれてどうもありがとう~!
    いや~、一人じゃ絶対行けなかったです。

  • モカママ

    まさこさん、私は博多で行きましたよ!
    一緒に行った子が「鳥肉が食べれなくなるらしい~」と言っていました
    たしかに、あの後お肉は控えていたような・・・
    会場でチカンにもあうし、ハードは時でした^^;

  • まる

    お久しぶりです~。
    これ、2004年まではドイツで製作されてたんですよね。
    中国になってから、非常に管理が悪く、雑に扱っている!!!ってドイツの博士達が異議を唱えましたよ。数年前に。

    なんでもすぐ夢に出てきてしまう私は、未だにいけず・・でした。

  • Masako

    モカママさん

    博多でもあったのね~。
    私は人間の肉とチキンやポークなどはまったく別物と考えられるので平気で食べれるのですが、
    やっぱり気持ち悪くて食べれない人もいるんですね。
    その繊細さがうらやましいかも。

    え~っ、なぜあんな場所でチカン?!笑 大変でしたね。

    まるちゃん、

    ドイツで作製されてたなんで知らなかった~、そうなんだ~。
    確かに雑に扱われているかも。
    人が多くて、人体標本にぶつかるんじゃないかとかメイソンが触ったらどうしようと思ったもん。

    実は、その夜どうも寝心地が悪かったんです。どうも潜在意識の中にブキミさが残ったのかなと思いました。

  • Masako

    日本で見たという複数の友達から聞いた「うわさ」からすると、どうも私が見た展示は、中国管理になって以降の超グロテスクが省かれた、マイルドな展示だったみたいです。
    うーん、このくらいでよかったかも。

Comments are closed.