おばあちゃんとの別れ 4


年末はおばあちゃんの葬式で日本に帰省していた。
当初は、急に癌が進行してしまったおばあちゃんと1ヶ月間一緒にすごすための帰省� った。
生まれてから結婚するまで25年間一緒に住んでいたおばあちゃんで、今年米寿のお祝いをしたところ� った。
お祝いの時に「帰ってきて欲しい」と言われていたけども、妊� していたので先延ばしにした。

癌でもう余命はわずか� けども、私と赤ちゃんに会えば少しは命が長引くかななんて期待していた。
私のマッサージも楽しみにしていたとのこと。
でも、私の帰国2日前におばあちゃんは突然亡くなってしまった。
あと2日� ったのに残念でしょうがない。今� 信じられない思いが残る。

入院もせず、自宅で家族に見守られながら� るように逝ったおばあちゃんはとても理想的な最期� ったと思う。
会えた死に顔には病人のような影はなく、とても安らかで、まるでお花畑で� っているよう� った。
スピリチュアルな友達は「ベストなタイミングで逝くものよ」と教えてくれた。
おばあちゃんは私たちを見守る側に行ってしまった。
それはわかっているけれどあとたった2日� け待ってもらえなかったものかなあ・・・としつこく思う私であった・・・。


4 thoughts on “おばあちゃんとの別れ

  • AFS吉田

    亡くなられたおばあちゃんは、安らかにご自宅で天寿をまっとうできて幸せだったと思いますよ

    最近、病院でいたいくて怖い思いで亡くなられる方が多いですのでこんな亡くなり方は、理想ですね

    最後に会えなくて残念でしたが、肉体を失っただけですので時々思い出されてあげて声をかけられると大変喜ばれると思いますよ

  • Masako

    吉田さん、ありがとうございます。
    介護が必要なかったので母にとってもお嫁さん孝行の姑さんでした。
    これからおばあちゃんの写真に話しかけるようにしてみます。

  • chiduru

    masakoさん、おばあさん、2日前に亡くなられてたんですね。。。
    確かに、あと2日ですね。
    でも、もしかしたら、おばあちゃん、来てくれると分かって、エネルギーだけ先に感じてうれしかったのでは?安心されたのでは?ってふと思いました。

  • Masako

    ちづるちゃんにはエネルギーをおくってもらったりしてお世話になりました。ありがとう。
    å ±å‘Šã‚‚ã—ãªãã¦ã”ã‚ã‚“ã­ã€‚

Comments are closed.