ヒーリングと医療


主人が昨日「全米で”最も多くアクセスがあった記事”としてこんなのが出てたよ~」と転送してくれました。(英語の記事のみですがごめんなさい)トピックは「ハワイアン・ヒーリング」。
ハワイアンヒーリング記事

現在のアメリカの医療に対する民間の不満は高まっています。「薬ばかり処方されてちっともよくならない・・・」。医薬品会社と医者が協同して新しい薬品の開発に力を注いでいるのはいいですが、まるで患者で実験するかのように処方されたりしています。私もパッケージごと薬の試供品をもらったことがあり、その気前のよさにびっりしたことがありますが・・・薬ぎらいの私は服用せずに捨ててしまいました。”よく効く”薬は副作用も怖いですからね。
ネイティブ・ハワイアンのヒーリングはロミロミであったり、ハーブであったり、フナのエネルギーであったり、自然と一体のホリスティック(体を部分的に見るのではなく心、精神、肉体が一つと考える)ヒーリングです。
Tree Stamp
ハワイアン・ヒーリングに限らず、ホリスティック療法にはいろいろなものがあります。レイキやヒーリングタッチ、アロマセラピー等も大きな病院で採用されています。患者さんの治癒力を高めるものとして効果を上げているそうです。人間の体はロボットを修理するようには行きませんね。病気には身体的(物理的)な原� と、精神的な原� の両方があります。西洋医学でも、精神的な原� がやっと注目されるようになってきた証� � と思います。

西洋医学にももちろんすばらしい面があります。なんといっても緊急の時にはお医者様が� �りです。西洋医学と古代のヒーリングが力を合わせて、より良い医療になってくれることを願います。「愛」は偉大な治癒力� と信じています。